ネロ兄さんの大学の行事で、博多まで行き、太宰府天満宮に寄り、宿泊は久留米の予定。コースに良い温泉はないか探してて見つけたのが、太宰府天満宮に近い二日市温泉博多湯。
昔は宿場町として栄えたみたい。

旅館もいろいろあるみたいだが、二つある共同浴場、御前湯(200円)、博多湯のうち博多湯に決定する。

17時00分、太宰府天満宮を出て、博多湯に着いたのが17時30分。
image

町の中に赴きのある建物。
夜のライトアップされた博多湯。
image


道路を挟んだ正面には御前湯。
image

値段は違うが、この辺の人はどんな使い分けをしているのだろう。

早速中へ入る。左に下駄箱、鍵付きで100円入れる(後で帰ってくる)
image

自動販売機で入浴券(300円)を購入し、受付へ。
写真を撮る許可をもらい撮影。凄く優しい方でした。
image

image

image


受付横から男湯に入る。
時間帯もあるが、脱衣所が狭くて凄く窮屈。
image

image


何とか服を脱ぎ、浴場に向かう。
脱衣所から階段を降りた所に、湯舟一つ、カランは5個くらい。
image

image

階段から見た湯舟。
image


流し湯で汗を流し、湯舟に浸かる。
image

image

image

image

image

ネロおじさん好みの温めの湯。
夜中からずっとネロダーを走らせていたせいか、とても気持ちが良い。
このまま寝てしまいたいくらいだ。
10人ぐらい入ってるので、カランが空くのを待ち、身体を洗う。
シャンプーとボディソープは備付けがある。

最後にもう一度ゆっくり浸かり、脱衣所へ。
脱衣所で再度苦戦し、何とか脱出。

2階には無料の休憩所があるので行ってみた。
image

image

窓から御前湯を撮影。入口横の駐輪場からネロダーが睨んでる。
image

image

ゆっくり写真を撮ろうと思ったが、一組のカップルが横になってベタベタしていたので断念。
博多湯を後にした。

空いてる時間に来れば良かったが、混み出す時間帯にぶつかり着替えが大変だった。
でもお湯も良く、従業員の方も親切でとても満足だった。
今度は違う時間にお邪魔したい。